エンジェルアップ,乳がん

エンジェルアップは乳がんを発生させる?

乳がん

プエラリアを配合したバストアップサプリは乳がんの危険性はあるのでしょうか。
乳がんはエストロゲンに依存しているガンといわれています。

 

エストロゲンの作用を受ける期間が長いと乳がんの発生リスクが高くなると言われています。

 

ということは、エストロゲンを活性化させるプエラリアを配合したエンジェルアップを飲むことは乳がんの発生リスクをあげることになるのでしょうか。

 

植物性のエストロゲンであるプエラリアを摂取しても、乳がんとの因果関係は今のところ認められていません。

因果関係

しかし、過剰摂取など、決められた量を守らずに飲むことは危険を高める可能性があります。

 

エストロゲンの影響を受けない期間が長いと乳がんになるリスクは低くなると言われています。

 

エストロゲンの作用を受けない時期は妊娠中です。
また食生活の欧米化やライフスタイルの変化によって近年乳がんのリスクが高くなっているのです。
一方で遺伝の影響は5〜10%と言われています。

 

過剰摂取はプエラリアだけじゃない!

過剰摂取

サプリメントに限らず、どんな食品でも過剰摂取は危険ですよね。

 

例えば調味料に使う「塩」なども、たくさん摂取することは病気を誘発しますし、塩には致死量があります。
砂糖にも致死量というのはあります。
毎日飲む、水ですら致死量はあります。

 

普段何気なく摂取する水や調味料でも摂取しすぎると健康によくない影響を与えてしまうのです。
ですから、プエラリアを配合しているエンジェルアップも規定量を守って飲むことが大切なのですね。

適切な量を守って飲むことでバストアップ効果もありますし、ヒアルロン酸やコラーゲンのおかげで美しい体を作りあげるエンジェルアップですが、くれぐれも摂取量は守って飲んでくださいね。

適切な量

すでに乳がんなど、エストロゲンの影響を受ける疾患を煩っている場合はエンジェルアップは飲まないほうがいいですよ。

 

乳がんの他に、子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症などが当てはまりますがこれらの疾患がある人がエンジェルアップを飲むことで症状が重くなる危険性が高くなります。

 

エンジェルアップでエストロゲンを補うことで、もともともっている疾患が酷くなることが可能性としてあります。

 

しかし、特に何も問題が無い場合はエンジェルアップを飲んでも問題はないと言えますよ。